メンズの後頭部

男性専用の育毛シャンプーでフサフサに元通り

切開する手術としない手術

男性

手術のメリットデメリット

名古屋のAGAクリニックで人気の薄毛治療が自毛植毛です。自毛植毛には、頭皮を切開する手術と切開しない手術の二つがあります。切開する手術のことを、「FUT法」と言います。FUT法は一番浸透している自毛植毛です。名古屋のほとんどのAGAクリニックで、FUT法の手術で自毛植毛をしています。FUT法では、メスで毛包ごと毛髪を採取し、毛穴単位で植毛します。傷跡が残る、手術時間がかかるというデメリットがありますが、生着率は95%以上と高確率です。また、密度を微妙に調整し、自然に仕上げることができます。頭皮をメスで切開しないのが、「FUE法」です。「切らない自毛植毛」というキャッチフレーズで有名な最新自毛植毛です。メスを使わず、専用のパンチでくり抜くようにして毛髪を採取します。切開するFUT法の場合、傷跡が残るという心配がつきまといます。しかし、FUE法なら切開しないので縫合をする必要もなく、くり抜いたあとはほとんど目立たなくなります。そうしたことから、最近はFUE法を選択する人が増えているようです。名古屋でもFUE法を導入しているクリニックが急速に増えてきています。しかし、FUE法はメリットばかりではなく、デメリットもあります。唯一のデメリットが手術費用が高いことです。名古屋でも、FUT法と比較すると、植毛本数あたりの単価が高くなるクリニックが多いようです。そのため、生え際の後退を改善したり、ちょっと薄くなった頭頂部を増やしたり、小範囲の植毛にFUE法が向いています。

Copyright © 2017 男性専用の育毛シャンプーでフサフサに元通り All Rights Reserved.